ニュース

上海自然博物館が「科学技術列車の河池行き」イベントに参加

-1045213260

2022年7月26日から7月29日にかけて、科学技術部、国家民族事務委員会、広西チワン族自治区人民政府などが共同で主催する2022年全国科学技術活動ウィーク重点モデル活動「科学技術列車の河池行き」が正式に開催された。2020年の「科学技術列車の懐化行き」に続き、上海自然博物館展示教育センターの科学普及チームが2回目の活動に招待され、科学普及の宣伝が民生に恩恵をもたらすのを助力する。

今回のイベントは、「科学技術に入り、あなたと私は同行する」をテーマに、「科学技術サービスが産業を支え、科学普及の宣伝が民生に恩恵をもたらす」を主軸としている。新型コロナウィルス感染症の影響で、チームは現地まで扶助に行くことができず、「蝶の羽が舞う」標本製作重箱100セット余り、『一匹のコウモリの家探しの旅』オリジナル絵本500冊余りなどを入念に準備し、豊富な科学知識をキャンパスに持ち込んだ。また、科学普及ショー「蝶の光と影のマジック」を特別に設計・録画し、蝶の羽の光と影の変化の神秘を明らかにし、「科学の夜」をライトアップした。広場のイベントやネット中継を通じ、会場内外の260余りの家庭と10000人余りの小中学生に素晴らしい科学の盛宴を届け、面白い科学知識を人々の心に飛び込ませた。